Blog

新メニュー/遺品・愛用品の撮影

遺影を飾っておくのは視線が気になって少し重いけれど、故人が大切にしていた遺品を写真におさめて額装するのってどうでしょうか?常に見える場所に飾って頂いて、写真を通して故人を想い、また一緒に暮らせるのではないでしょうか?そんなことを思いついて商品メニューにしても良いかなと思っております。写真は祖父のカメラです。

to top